現在、翌日1212日(月)に集荷可能!

  • クリーニング事例 before after
    • 掲載中: 378
  • お客様の声 comment
    • 掲載中: 480
  • ご利用の流れ order flow
  • 送料・お支払い payment

靴が濡れると出る白い汚れとは?除去と対策方法

靴が濡れた時に出る白い汚れの正体

kutsu-hujyunnbutu靴が雨に濡れてしまった後、乾かした時に白い汚れが出て来るのに気づいたことがある方はいらっしゃいませんか?また、濡れたわけではなくても、革靴を保管している間に白い汚れが出ることもあります。

これらは、多くの方が見たことがあると言われるのではないかと思います。その白いものの正体ですが、多くの場合、それは塩か脂肪分が固まってできたものです。

汗や不純物の粉 『スピュー』

革靴につく白い粉のようなものや、白いカビのように見えるものは、『スピュー』と呼ばれているものです。塩が固まってできたものが『塩スピュー』で、脂肪が固まってできたものが『脂肪スピュー』です。

2種類のスピューのうち、靴に発生しやすいのは塩スピューの方であると言われています。革靴に浸透していた水が蒸発する際、その水が呼び水になって、革の中にある塩が表面に運ばれることで白い汚れが出て来るという仕組みになっています。

どこから汚れが来るの?

それなら、革の中の塩はどこから来るのかと疑問に思いますよね。これには、革を製造する際に使用したものが含まれている場合もありますし、足が汗をかくことで靴に塩がたまっている場合もあります。

靴を保管している時にできるものも同じで、下駄箱などの通気性が良くない場所に保管していると、靴が湿気を帯びてそれが乾く時にやはり白い汚れが出てしまいます。

それに対して、脂肪スピューは革製の衣料品に出ることが多いと言われています。脂肪スピューは拭いても取り除くことはできませんが、塩スピューの場合、濡らした布を硬くしぼって拭けば、取り除くことができます。

そのまま放置すると、カビの発生や変色の原因に

そのため、白い汚れが出るたびに取り除けばそのまま革靴を履くことはできるのですが、革の中に塩分がある限り、水に濡れるとまたすぐに白い汚れが発生してしまいます。何度も同じことを繰り返すと、お手入れも大変ですし、急いでいる時には不便ですよね。

そのまま白い汚れを放置すると、カビの発生や変色の原因となり、除去のできない汚れ・シミとなり、取り返しのつかないことになってしまいます。

白い粉汚れ・スピューの除去や防止方法

靴に出た塩スピューは、硬くしぼった布やタオルで自分で拭き取ることができます。スエード靴はブラッシングで取り除きます。

さらに、白い汚れが発生しないようにする方法は、革靴に防水性を持たせて、水が革に浸透しないようにすることです。

自分で汚れを落としたり、防水スプレーなど出来る靴やブーツであれば良いのですが、ムートンブーツやスエード靴などの起毛素材、オールレザーシューズなどデリケートで自宅で手入れするには難しいものもありますよね。

また、自分で革靴の内側まで洗うことは困難です。無理して失敗してしまった、なんてこともよくあります。

靴クリーニング専門店で丸洗いが可能

shoes-108549_640そこでお勧めなのが、靴をクリーニングに出し、その後撥水加工をすることです。

まず、靴をクリーニングに出すことで、靴の中にたまった汗を取り除くことができます。通常、革靴を洗うことはできませんが、靴クリーニング店なら、革靴を洗う技術を持っているので安心して任せることができます。

靴丸洗い靴クリーニングでは、特殊な洗浄液を使って革靴を丸洗いします。クリーニングに出せば、靴の外側はもちろん綺麗になるのですが、靴の内側も丁寧に洗浄してもらうことができるんですよ!

内側も洗浄してもらえるので、中にたまった汗も取り除くことができるというわけですね。ただし、どのクリーニング店でもできるわけではないので、革靴のクリーニングを依頼する場合は、専門店にお願いしましょう。

さらに汚れ防止の撥水加工がオススメです

靴の防水加工せっかくクリーニングした靴ですが、そのまま使うと以前よりは白い汚れが出にくくなるとは言え、時間が経つとまた汗がたまって、すぐに白い汚れが出るようになってしまいます。そこで、クリーニングの後には、撥水加工もしてもらいましょう。

撥水加工は、空気は通しつつ、水や油を通さないようにする加工です。ですので、撥水加工をしてもらうことで、水が革に浸透するのを防ぐことができます。

水が浸透しなければ、水が革の中の塩分を表面に運ぶことがないので、白い汚れが表面に出ることはないというわけですね。そのため、雨に濡れた後でも、白い汚れが出にくくなります。

通常のお手入れだけだと、雨に濡れた後に白い汚れが出るのを防ぐのは難しいのですが、クリーニングと撥水加工をしてもらえば、簡単に防ぐことができるんですよ!

お手入れを簡単にするためにも、白い汚れに困っている方は、一度、靴のクリーニングに出し、撥水加工をしてみてはいかがでしょうか?

関連ワード:
新着記事一覧へ

お客様満足度97.8% 選ばれる5つの理由 01往復送料・代引き無料 02累計実績30,000点以上 03 1日10件限定オーダー(職人が丁寧に手作業)04 一律料金と納得価格 05 クリーニング保証制度

往復送料 代引き手数料0円 1点から集荷・お届けOK! お申し込みはこちら

宅配クリーニングのご利用方法

  • 1 お申し込み
  • 2 無料集荷
  • 3 お見積もり・クリーニング
  • 4 無料配送・お支払い

全国対応

現在、翌日1212日(月)に集荷可能!

※期間:3~5週間(※エナメル・カラーチェンジは4~7週間)

詳しいご利用方法はこちら >

品物別クリーニング料金

ページ先頭へ戻る