現在、翌日0921日(火)に集荷可能!

  • クリーニング事例 before after
    • 掲載中: 441
  • お客様の声 comment
    • 掲載中: 899
  • ご利用の流れ order flow
  • 送料・お支払い payment

【水濡れ対策】革ブーツのお手入れと撥水加工

 

ブーツの水濡れ予防革製品は水濡れに注意

ご存知の方も多いことと思いますが、革製品はあまり水に強くありません。革は水を吸い込みやすく、水を吸い込むとシミができたり、シワになったり型崩れの元になったりします。

なぜかというと、革が水を含んだ場合、乾く時に革の細胞が縮んでしまうからなんです。
また、そのせいで水に濡れると革が硬くなることもあるのです。

一度革が硬くなってしまうと、元に戻らなくなります。

そのため、できれば革製品が水に触れることは避けたいものです。

革ブーツのトラブル予防

突然の雨や雪に多いブーツの水濡れ

UGGムートンブーツの雨ジミしかし、革靴や革ブーツだと、それを履いて外を歩くため、水に濡れないようにするのが難しいこともありますよね。

天気予報では雨や雪が降るとは言っていなかったのに、出かけているうちに雨や雪が降ったりしたら、革ブーツが濡れるのを防ぐことはできません。

他の革製品だったら、濡れたらすぐに拭くことで水分によるトラブルを防ぐこともできますが、革ブーツのように道を歩く場合、水分を拭き取っても意味がありませんよね。

だから、事前に撥水加工をして、水分に触れにくくすることが大切なんです。

ブーツはシーズンオフのカビに注意

それから、革ブーツは冬場に履いて夏場はしまっておくことが多いですよね。

中には暑い季節に履けるように工夫がされた、パンチングがしてある革ブーツなどのサマーブーツもありますが、いずれにしてもシーズンオフには片付けておくことが多いものです。

ブーツは、片付けてある間にカビが生えることがあります。

また、ロングブーツだと、どうしても中が蒸れてしまい、臭いが出ることもありますよね。

それをそのまましまっておくと、『汗などから雑菌の繁殖による臭い』や『カビ』の原因になってしまうのです。

自宅で出来るブーツのお手入れ方法

靴の自宅手入れもちろん、これらの問題が起こりにくくなるように、自宅でできる革ブーツのお手入れ方法もあります。

革ブーツが濡れた場合には、革ブーツの中に新聞紙などを詰めて早く水分を早く取り除くことができます。

また、同じブーツを続けて履くのではなく、1日履いた後はそれ以上の時間休ませ、ブーツにこもった湿気を取り除くというお手入れ方法もありますよね。

臭いが気になる時は、革に対しても使える除菌消臭スプレーを使うと効果的です。

ブーツをしまっている間には、時々出して空気を通すことも大切です。

しかし、これらの方法でお手入れをしていても、長年使い続けているうちに、水分のせいで革ブーツに目立つシミができてしまったり、型崩れしてしまったりすることはあるものです。

また、保管中にカビが生えてしまうなどのトラブルも考えられます。

自分でお手入れができない時はクリーニングへ

革が硬くなってしまった場合や濡れたシミは、自分でお手入れや修正はできません。

自宅でのお手入れが追いつかなくなった時は、革ブーツをクリーニングに出すのがお勧めです。

革ブーツをクリーニングに出すと、水分のせいでできたシミを取り除くことも可能なんです。

革クリーニング専門店でできること

革を柔らかくすることは難しいのですが、専門店であれば革を柔らかくする対処方法などあります。

また、濡れてできたシミの部分に色を重ねることで、シミを目立たなくする方法があります。

ロングブーツなど型崩れをした革ブーツでも、プレス整形で改善することもできます。

しかし、革がカチカチに硬くなってしまった場合やひび割れてしまうと、専門店でもどうしようもないこともあります。

革ブーツのクリーニングでは、ブーツを丸洗いするため、シミはもちろんカビや菌までスッキリと取ることができます。

そのため、気になるカビや臭いの予防になります。

クリーニングと一緒に撥水加工がオススメ

撥水加工せっかくクリーニングしても、履いて歩くため水分に触れやすい革ブーツをそのまま履くと、また同じことが起こってしまいます。

そこで、革靴や革ブーツの場合は、クリーニングと同時に撥水加工をした方がいいのです。

撥水加工をすると、水分を弾いてくれます。

水分が弾かれると、革に浸み込みにくくなるので、革ブーツがシミにくくなるというわけですね。

同時に、撥水加工をすると、ほこりや汚れなども寄せつけにくくなります。

撥水加工をすることで、水に強くなるだけではなく、ブーツをより綺麗に保ちやすくなるということです。

水に弱いのに水に触れやすい革ブーツを、クリーニングと撥水加工で守りましょう!

関連ワード:
新着記事一覧へ

お客様満足度97.8% 選ばれる5つの理由 01往復送料・代引き無料 02累計実績30,000点以上 03 1日10件限定オーダー(職人が丁寧に手作業)04 一律料金と納得価格 05 クリーニング保証制度

往復送料 代引き手数料0円 1点から集荷・お届けOK! お申し込みはこちら

宅配クリーニングのご利用方法

  • 1 お申し込み
  • 2 無料集荷
  • 3 お見積もり・クリーニング
  • 4 無料配送・お支払い

全国対応

現在、翌日0921日(火)に集荷可能!

※期間:3~5週間(※エナメル・カラーチェンジは4~7週間)

詳しいご利用方法はこちら >

品物別クリーニング料金

ページ先頭へ戻る