現在、翌日1209日(金)に集荷可能!

  • クリーニング事例 before after
    • 掲載中: 378
  • お客様の声 comment
    • 掲載中: 480
  • ご利用の流れ order flow
  • 送料・お支払い payment

バッグの持ち手汚れが気になる方必見!汚れ除去方法と防止とは

バッグの持ち手汚れ

バッグ持ち手汚れの原因は?

お気に入りのバッグをたびたび持って出かけていたら、持ち手が黒ずんでしまった…。そんな経験はないでしょうか?バッグの持ち手は直接手で触れる部分なので、手垢がついてとても汚れやすくなっています。

手垢の原因となるのは、主に皮脂や汗です。汗にはたんぱく質が含まれているのですが、皮脂や汗に含まれたたんぱく質は、汚れの元になるだけではなく、菌の繁殖の原因にもなります。

しかし、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、手の平には皮脂腺がありませんし、手から分泌される汗にはたんぱく質が含まれていません。汗にも種類があり、たんぱく質が含まれているものとそうでないものがあります。

汗・たんぱく質・皮脂などさまざまな汚れ

それなのになぜバッグの持ち手の汚れの原因になるのかと言うと、体の別の部分を手で触ることが多いからです。皮脂腺は毛穴の全てに存在していて、様々な所にあります。また、体の部分によっては、たんぱく質を含む汗が出ています。

それらの場所を触ってからバッグを持つと、バッグに皮脂やたんぱく質がついてしまうことになります。さらに、汗は水分なので、汗が水分に弱い革に染み込むことで、直接シミの原因になることもあります。

また、食べ物やどこか別の場所を触った時に手についた汚れが、そのままバッグに付着してしまうこともありますよね。それから、バッグだからという理由で、持ち手が汚れやすい意外な理由があります。それは、中にあるハンカチを探すことがあるということです。

手を洗った後にハンカチを取り出そうとした時、濡れたままの手でバッグを触ってしまうことが、バッグの汚れの原因になることもあるんです。革は水に弱いので、濡れた手で触るとシミの原因になります。この行動、心当たりのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

金具のついたバッグだと、金具が取り付けてある部分に汚れがたまることもあります。こうして見てみると、バッグの持ち手が黒ずんでしまうのは、仕方のないことだとも言えそうです。だからといって、そのままにはできない理由があります。

先ほど、バッグにはたくさんの菌が繁殖していると言いましたが、その中には食中毒の原因となる菌がいることまであると言いますから、ただ汚れているだけだからと見逃すことはできません。

持ち手のお手入れ方法

少々の汚れであれば、すぐに汚れを拭き取ることで対応できます。濡れた時や、汚れに気付いた時に、専用のクロスなどを使って拭き取ることでお手入れが可能です。金具の汚れなら、小さなブラシで汚れを払う方法もあります。

持ち手の汚れ取りとしては、革専用クリームやソフトガミと言われる、消しゴム状の革専用部分汚れ落としがあります。どちらも表面上の汚れは取れますが、革に浸透した、手あか汚れや変色は残念ながら取りきれません。

これらのお手入れは、汚れがひどくならないうちにしておかなければ、意味が無いのです。革のバッグの場合、汚れてからできるだけ早くお手入れをしないと、汚れが落ちにくくなります。そうなると、バッグにどんどん汚れがたまってしまいます。

バッグのクリーニングが出来る専門店があります

DSC03269長年の使用で染みついた汚れはもう取れないのかと、心配になった方もいらっしゃるかもしれません。ですが、ご心配はいりません!バッグをクリーニングしてくれる専門店に預ければ、長年使って染みついた汚れも、綺麗にしてくれますよ!

バッグをクリーニングするには、特殊な技術が必要です。なぜかというと、革は本当はクリーニングできない性質のものだからです。ですが、専門店では、特殊な技術を使ってバッグをクリーニングすることができます。

洗って取れない汚れは色掛け修正

バッグの持ち手に付いた汚れが内部まで浸透している時は、全てを除去することが不可能な場合もありますが、それでも汚れを薄くすることはできます。さらに、色掛けという方法を使えば、汚れが内部まで浸透していても、持ち手が綺麗になるんですよ。

色掛けというのは、元のバッグを脱色することなく、元のバッグの色の上から色をつけて修正する方法のことです。この方法が可能なバッグであれば、持ち手の汚れは綺麗になります。

実は、この色掛けの技術で、バッグの傷を目立たなくしたり変色したバッグを元の色に近い感じになるようにしたりすることもできるんですよ。

お気に入りのバッグはたびたび利用するからこそ、汚れたり変色したりしやすくなっています。ですが、お気に入りだからこそ、できるだけ長く使いたいですよね。そんな時には、専門店にお任せすることで大切なバッグをもっと長く使うことができます。

クリーニングの技術を使っても落とすのが難しい汚れがあるということは、自宅でのお手入れでは落とすのが難しいのが革のバッグの持ち手の汚れだと言えそうですね。

しかし、バッグクリーニング専門店であれば、色掛けなどの方法を利用して、できる限り綺麗になるように修正もしてくれます。バッグの持ち手が汚れていると、どうしても気になってせっかくのお気に入りを持ち歩きたくなくなることもあるでしょう。

そんなことにならないよう、自分で取るのが難しい汚れだからこそ、クリーニング専門店に依頼して綺麗な持ち手にし、楽しくバッグを使い続けたいものですね!

自分でカンタンに出来る!汚れ防止方法とは

最後に、バッグ持ち手汚れの防止方法をご紹介しますね。

まず、持ち手を汚さないのが一番です。そのためには防水スプレーの撥水・防汚効果で汚れを防ぎます。バッグのクリーニング屋さんでは撥水加工として、汚れ防止の加工をしてくれます。防水スプレーは手軽で良いのですが、革や素材に合わないと、逆にシミになってしまったり、ベタつきが出たりしてしまいますので、注意が必要です。

また、持ち手部分にスカーフやハンカチを巻きつけて、汚れ防止することもできます。汚れたら洗って、再び持ち手に巻きつけて使えますね。

いつものバッグをスカーフでドレスアップ♡ 華やかアレンジ! – NAVER まとめ

このようにバッグの持ち手汚れの原因を知り、汚れ対策やバッグクリーニング屋さんを利用することによって、大切なバッグをもっと長く使うことができますね。

関連ワード:
新着記事一覧へ

お客様満足度97.8% 選ばれる5つの理由 01往復送料・代引き無料 02累計実績30,000点以上 03 1日10件限定オーダー(職人が丁寧に手作業)04 一律料金と納得価格 05 クリーニング保証制度

往復送料 代引き手数料0円 1点から集荷・お届けOK! お申し込みはこちら

宅配クリーニングのご利用方法

  • 1 お申し込み
  • 2 無料集荷
  • 3 お見積もり・クリーニング
  • 4 無料配送・お支払い

全国対応

現在、翌日1209日(金)に集荷可能!

※期間:3~5週間(※エナメル・カラーチェンジは4~7週間)

詳しいご利用方法はこちら >

品物別クリーニング料金

ページ先頭へ戻る