現在、翌日1028日(水)に集荷可能!

  • クリーニング事例 before after
    • 掲載中: 434
  • お客様の声 comment
    • 掲載中: 829
  • ご利用の流れ order flow
  • 送料・お支払い payment

雨が多い夏場は注意!和歌山県では鞄の手入れに気をつけたい理由

宅配クリーニングのご利用方法

  • 1 お申し込み
  • 2 無料集荷
  • 3 お見積もり・クリーニング
  • 4 無料配送・お支払い

全国対応

現在、翌日1028日(水)に集荷可能!

※期間:3~5週間(※エナメル・カラーチェンジは4~7週間)

お客様満足度97.8% 選ばれる5つの理由 01往復送料・代引き無料 02累計実績30,000点以上 03 1日10件限定オーダー(職人が丁寧に手作業)04 一律料金と納得価格 05 クリーニング保証制度

WORK

クリーニング事例

434
掲載中

エルメス・フールトゥのバッグクリーニング事例

今回はエルメス(HERMES)のキャンバストートバッグ、『フールトゥ』のクリーニング事例です。
大きさや色などバリエーションが多く、軽量で使いやすい、人気の布地バッグです。

キャンバス生地は摩擦・スレによって白っぽく色落ちしてしまいます。

手洗いにて表面・内側の汚れを落としつつ、布地の色落ち・色あせを色修正いたします。

キャンバスの現状色に色合わせし、違和感の無いように仕上がりました。

▷和歌山県和歌山市から宅配クリーニング

before

after

before

before

after

after

before

after

after

トートバッグ上部やリベットボタン周りは、手でよく触るため、
色落ちや汚れが付きやすく、白っぽく目立ってきてしまいます。

色修正でお化粧をすることにより、かなり改善できました。

クリーニングコースや料金の詳細はこちらをご確認ください。

▶エルメスバッグクリーニング料金

 

フールトゥとエールラインについて

エルメス フールトゥ

エルメスのバッグでもカジュアルラインとして人気の「フールトゥ」は、エルメス初のキャンバス素材のバッグとして登場しました。

手頃な価格帯、カジュアルなデザインとして人気商品です。

なかには一部革の使われた、レザータイプのフールトゥもございます。

エルメス エールライン

エールラインは濃いグレーのトートバッグで、デザインはフールトゥに似ていますが、素材がナイロンベースのしっかりとした素材です。

バッグの開口部はファスナーで開閉でき、南京錠の鍵がついています。

 

 

また、エルメスではキャンバストートバッグとして、『ボラボラ』『サック・ド・プラージュ』『アリーヌ』『カンヌ』『キューブトート』などのシリーズがあります。

トートバッグのクリーニングについて

当店ではキャンバス、ナイロン、レザーなど素材に応じて、クリーニングが可能です。

それぞれのバッグのデザイン・汚れ状況に最適なクリーニング方法にて、専門家がお手入れいたします。
エルメスのバッグクリーニングとして安心してご利用ください。

 

エルメス製品のクリーニングの評価・評判・口コミを多く頂いております。
素直な感想や満足の言葉をいっぱい頂いています。

▶エルメスクリーニングのお客様

 

今回は和歌山県和歌山市から宅配クリーニングにてご利用いただきました。

ありがとうございました!

 

 

宅配クリーニング料金 簡単1分WEB見積もり

バーバリー(Burberry)長財布です。

布地部分に醤油シミが大きく染み付いてしまいました。
また、縁取りの革部分もスレ・黒ずみが目立ちます。

和歌山県和歌山市 Sさま

before

after

before

before

after

after

醤油シミはかなり除去できました。
革の黒ずみも色掛けによってキレイになりました。

醤油の臭いもかなり改善できました。
より臭い除去の効果を高めるには『消臭加工』がオススメです。

宅配クリーニング料金 簡単1分WEB見積もり

もっと見る

000件のご感想

829件の
ご感想

お客様の声

もっと見る

和歌山県は自然に恵まれており、観光スポットも多い美しい県といえますが、難点を挙げるとすれば『多雨地帯』であることでしょう。これは文字通り、年間通しての雨量が多いという意味になりますね。

特に、日本の夏には梅雨がありますので、この期間に雨量が集中しています。「観光に行ったら終日雨だった…」なんてことにならないように、事前に予定の確認をしておきましょう。ただし、天気予報も絶対ではなく、たとえ和歌山県民であっても、急な雨に降られることはありますね。

雨が急に降ってくると、服だけでなく鞄なども濡れてしまうのは当然ですよね?鞄の素材が雨に強い場合、和歌山の雨量でも安心できるといえるのですが、もしも革製のバッグを愛用しているというのなら、気をつけることがあります。

和歌山の夏は雨が多いように、湿度も非常に高いと思ったほうが良いでしょう。急な雨に濡れた革製バッグを、そのまま放置するとどうなるでしょうか?そうでなくとも、風通しが悪いところにずっとしまいっぱなしの鞄も危ないように、カビがかなり生えやすいのです!

このことから、和歌山の人は革製品を使うには厳しい環境下と言わざるを得ず、カビが生えても革製品は手入れが難しいことから、「まあちょっとくらいなら…」とそのまま使ってしまうかもしれません。しかし、それは大きな危険を招きます。

カビをそのままにしておくと、さらに増えるだけではなく、人体に入る可能性もあります。カビが人体に入るとどうなるか、これは想像できませんか?お腹を壊すなんて言うのは可愛い表現で、最悪死に至ることもあるんです…。

なので、和歌山の夏でも変わらず革製品を利用するのなら、雨に濡れたらすぐに拭き取り、風通りが良い場所に陰干ししましょう。それでもカビが生える可能性は十分ありますので、そうなったらクリーニングに出すのが効果的です!

手入れが難しい鞄でも、クリーニングならきちんと綺麗にしてくれるだけでなく、カビの除去だってお手の物なんです。雨の多い和歌山では濡れやすいと考えれば、クリーニング店の重要性は他県以上かもしれませんね。

往復送料 代引き手数料0円 1点から集荷・お届けOK! お申し込みはこちら

ページ先頭へ戻る