現在、翌日1023日(火)に集荷可能!

  • クリーニング事例 before after
    • 掲載中: 378
  • お客様の声 comment
    • 掲載中: 718
  • ご利用の流れ order flow
  • 送料・お支払い payment

雨が多い夏場は注意!和歌山県では鞄の手入れに気をつけたい理由

宅配クリーニングのご利用方法

  • 1 お申し込み
  • 2 無料集荷
  • 3 お見積もり・クリーニング
  • 4 無料配送・お支払い

全国対応

現在、翌日1023日(火)に集荷可能!

※期間:3~5週間(※エナメル・カラーチェンジは4~7週間)

お客様満足度97.8% 選ばれる5つの理由 01往復送料・代引き無料 02累計実績30,000点以上 03 1日10件限定オーダー(職人が丁寧に手作業)04 一律料金と納得価格 05 クリーニング保証制度

000件のご感想

718件の
ご感想

お客様の声

もっと見る

和歌山県は自然に恵まれており、観光スポットも多い美しい県といえますが、難点を挙げるとすれば『多雨地帯』であることでしょう。これは文字通り、年間通しての雨量が多いという意味になりますね。

特に、日本の夏には梅雨がありますので、この期間に雨量が集中しています。「観光に行ったら終日雨だった…」なんてことにならないように、事前に予定の確認をしておきましょう。ただし、天気予報も絶対ではなく、たとえ和歌山県民であっても、急な雨に降られることはありますね。

雨が急に降ってくると、服だけでなく鞄なども濡れてしまうのは当然ですよね?鞄の素材が雨に強い場合、和歌山の雨量でも安心できるといえるのですが、もしも革製のバッグを愛用しているというのなら、気をつけることがあります。

和歌山の夏は雨が多いように、湿度も非常に高いと思ったほうが良いでしょう。急な雨に濡れた革製バッグを、そのまま放置するとどうなるでしょうか?そうでなくとも、風通しが悪いところにずっとしまいっぱなしの鞄も危ないように、カビがかなり生えやすいのです!

このことから、和歌山の人は革製品を使うには厳しい環境下と言わざるを得ず、カビが生えても革製品は手入れが難しいことから、「まあちょっとくらいなら…」とそのまま使ってしまうかもしれません。しかし、それは大きな危険を招きます。

カビをそのままにしておくと、さらに増えるだけではなく、人体に入る可能性もあります。カビが人体に入るとどうなるか、これは想像できませんか?お腹を壊すなんて言うのは可愛い表現で、最悪死に至ることもあるんです…。

なので、和歌山の夏でも変わらず革製品を利用するのなら、雨に濡れたらすぐに拭き取り、風通りが良い場所に陰干ししましょう。それでもカビが生える可能性は十分ありますので、そうなったらクリーニングに出すのが効果的です!

手入れが難しい鞄でも、クリーニングならきちんと綺麗にしてくれるだけでなく、カビの除去だってお手の物なんです。雨の多い和歌山では濡れやすいと考えれば、クリーニング店の重要性は他県以上かもしれませんね。

往復送料 代引き手数料0円 1点から集荷・お届けOK! お申し込みはこちら

ページ先頭へ戻る